痛風の痛みをどうにかする3つの方法

痛風の発作の痛み止め3つの方法

 

痛風の特徴としては、常に足が痛むというものではありません。周期的にやってくるということが特徴です。

 

痛みが常に伴わないということは良いことでもありますが、反対にその発作がいつやってくるかわからないというものとても怖い状況でしょう。

 

私も経験があるのですが、仕事のプロジェクトが忙しい時に痛風の発作が起きて、周囲にかなり迷惑をかけることになりました。

 

二度とあのような事が起こらないようにしようと思いその対策アプローチは大きく分けますと、方法は3つあります。

 

 

痛風を改善してくれそうなサプリメントを飲む。これが意外と大事です。

ある意味即効性が期待でき、効果がでるという人が多いのもこの方法かもしれません。

 

薬ではなくサプリメントなので副作用に悩まされるということも実際少ないようですし、多くの方がこの方法で改善されています。

 

当然万人に効く方法ではありませんが、お酒好きな人や、痛風にあまり良いとはいえない食材や料理を我慢していたという方が「あまり食事制限せずに痛風の発作がでていない」状態を維持できる方法です。

 

巷には痛風に効果があるとされているサプリメントは数多くありますが、管理人である私が実際に最も効果が実感できたのが、白井田七というサプリメントです。

 

正直、『サプリメントでどうこうなれば苦労はしない・・・』と思っていた節もあるのですが、これを飲み始めてから痛風の前兆かなと思うあのチリチリ感や関節の違和感を心配しなくなりました。

 

個人的にはお酒や食生活を改善するよりも、ある意味一番近道な解決策かもしれません。

 

安いものではありませんが、痛風の発作の時に仕事に影響がでて2週間程酷い経験をしたことを考えると安い出費だと思っています。

 

効果がないという場合にも返金保証がつきますので、試してみるのもオススメです。

 

痛風に効くサプリメントランキングはこちら >>

 

 

生活習慣事態を見直す。

 

痛風は主に食生活やストレスから発症することが多いので、これを見直すということです。

 

しかしこれは実際中々難しい面も持ちあわせています。

 

というのも、「生活習慣」は字のごとく、

 

習慣でありますのでモチベーションや正しい生活習慣の見直しをしなければ、逆効果となるからです。

 

この痛風を治す方法をしっかりと身に付けることができる方法をご紹介します。

 

気をつけるべき生活習慣一覧へ >>

 

 

 

病院に通う。

一度発作が起きてしまったという時は病院にいくことをオススメします。

 

そこでの診断で他の科に移られた方がいいときもあるようですが、

 

痛風の発作でまず発作が起きて対応してもらう科は整形外科、

 

その後尿酸値を下げる処方や治療のために内科に通うとが多い様です。

 

痛風と病院はこちら >>

耐え難い痛風の痛み、表現するとこんな感じ

 

『痛風』読んで字のごとく、風が通るだけで足が痛むと言われる痛風ですが、

 

痛風の原因は尿酸塩の結晶が足の関節に溜まり、それが痛みを誘発し、

 

その痛み方は、歩けない位に発展します。

 

そして症状は人によって長さがあるものの、

 

3〜4日でおさまるという人もいれば10日〜30日前後続くという方もいます。

 

痛みは発作がおきてから調度1日たったあたりがピークとなり、

 

その後は徐々に痛みが引いていくのが特徴です。

 

一度発作が起きますとその痛みにより仕事もままならないという状況が訪れます。

 

あまりにひどいと入院という状況に陥るという方もいらっしゃるようです。

また起きる痛風の発作の間隔

 

痛風は一度おきるとまた繰り返して発作がおきます。

 

その間隔は痛風になり始めの時は、間が長く1〜2年と間が空くときもありますので、

 

正直痛風になった頃を忘れてしまている位の間隔があるのですが、

 

その間隔は除々に間が短くなってくるのです。

 

一年間に2回、3回、そして4回と頻度が増していきます。

 

もちろんその逆もあり、痛風対策をすることでこの間隔は開いていきます。

 

一生発作がでないという状態も治療や対策次第で可能です。

 

痛風になりやすい人とはどのような人か?

 

痛風になりやすい人の主な特徴は2つあります。

 

お酒をよく飲み食生活が偏っている人、ストレスを貯めやすい人です。

 

プリン体が痛風に悪影響を与える事はかなり有名ですが、

 

特にお酒でいいますとビール等が筆頭にあげられます。

 

また、美味しい食べ物にもプリン体が多く含まれるということがわかっています。

 

そして、ストレスを貯めやすい気難しい人が痛風になりやすいというデータもあります。

定期的に起きる痛風の痛み。。。再発を防ぐには、、、

 

その定期的にやってきてしかも、その間隔が短くなってくるという痛風ですが、

 

その痛みを止めるには対策はあるのでしょうか?

 

単純に原因を除去するとなると、

 

美味しいものが食べれなくなり、ビールも控えて、ストレスのない生活を送るとなりそうですが、

 

そもそも、美味しいものを食べれない上に、ビールも禁止となれば、

 

それだけでストレスが溜まりそうな気がします。

 

無理なく続くレベルと痛風の発作がおきない状態を保つという

 

両面から向き合っていく必要がありそうです。

 

3つの方法がご参考になれば幸いです。