耐え難い激痛(>_<)痛風発作止める3つの予防対策

プリン体を含む食材一覧表

 

痛風の発作がプリン体により高められるということから食事療法を試みることによって改善されますが、

 

プリン体を多く含む食事というのはどのようなものでしょうか?

 

まずは材料からみていきましょう。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

赤枠や赤線を引いたところがプリン体がやや多いところですが、

 

全体的にみますと、干物類、酒の肴、貝や軟体動物、

 

それとレバー等がプリン体が多いという印象を受けます。

 

特にその中でも煮干や白子、レバーが多いですよね。

 

しかし度々噂で「プリン体が多いのではないか?」

 

とされている納豆のプリン体含有量はそれほどでもありません。

 

今までプリン体が多いと思っていたものでも「食べてもそれほど影響は無いのでは?」

 

と気づくものもあるのではないでしょうか。

 

プリン体の量摂取参考値は総量で計る

 

食材のプリン体の含まれる量で気をつけるべき点としては、その食材がどの程度料理に入っているかという

 

ことをみるべきなので、

プリン体の量 = (?mg/100g )x (その材料を使った総量g x100)

 

という式でプリン体の量を把握すべきでしょう。

 

例えばどうゆうことかといいますと、

 

料理によって例えば煮干しを100gそのまま使うということはっそこまで多くありません。

 

料理のだしの一部に使うという使い方で、

 

煮干しの総量割合的にそれほどにもならないということもあるのではないでしょうか。

 

(煮干しのみの料理ももちろんあるでしょうが)

 

そこでこの表を観ていただくとおわかりになるかと思うのですが、

 

危険なのはその食材を単体で使う料理で且つプリン体含有量が高いというものです。

 

いわゆる酒の肴の白子やかにみそは何かとおつまみでそのまま口にしますよね。

 

それとレバーもそのような調理方法が多いとも言えます。

 

酒飲みが痛風になりやすい理由としてはこの辺の事情もあるのかもしれません。

 

 

 

 

気をつけるべきプリン体摂取量のライン

 

それではこのような痛風に気を使って生活する場合にはプリン体を一日に

 

どれほど摂取してもいいのかという基準値ですが、

 

1日の目安として400mgとされています。

 

特に白子やお酒のおつまみとされやすいものは

 

食事一覧表の中でも数値が高いので気をつけるようにしましょう。

 

堪難い激痛(>_<)【経験者】が選ぶ予防対策!
痛風サプリメントランキングはこちら >>

痛風の発作を左右するプリン体!食事一覧表で痛風への予防対策を関連ページ

健康の王様、納豆!そのプリン体を食べると痛風は悪化するのか?
納豆を食べると痛風が悪化するという評判をきいたことはありませんか?納豆にはどの程度プリン体が入っているのか?噂は本当か?
【必見!】痛風が気になるという方の予防対策、献立レシピ一覧集
痛風対策として必要とされるのが、食事療法ですがそのレシピが載っているサイトのまとめです。
酒飲み私が痛風になりやすい理由...あなたも飲み過ぎなら要注意
よく酒飲みは痛風になりやすいといいますが、本当でしょうか?その理由を探ってみました。
夏は痛風発作の危険性が上昇?要注意!痛風の予防対策は必須
夏は痛風発作の危険性が上昇します。その理由と対策は?
【簡単】意外と知らない、プリン体を減らす調理方法と食事の方法!
プリン体を含んだ食品は、なにかと旨みを多く含んだ食材が多いですが、そのプリン体を減らす調理方法をご紹介します。