痛風の痛みをどうにかする3つの方法

お酒を飲む人の痛風の危険性は本当か?

 

痛風になる人は殆どが男性といわれていますが、

 

その中でもお酒をよく飲む人は痛風になりやすいという面があるようです。

 

その理由は単にプリン体を多く含むビールを飲むのでと結論づけたくもなるのですが、

 

一概にはそのように断定できない面もあるようです。

意外と少ない?ビールに含まれるプリン体の量

 

 

この表は公益財団法人痛風財団から引用した、

 

アルコールに含まれるプリン体の量を一覧表示したものですが、

 

特にビールはプリン体が多いと思われますが、

 

1000ml飲んだとしてもそのプリン体の含有量は60mg程度です。

 

これだけを観るとビールを毎日浴びるように飲めば問題ですが、

 

ビール以外のアルコールを飲むということも同時に考えますと、

 

酒飲み程度であればそこまで問題ではないのではないかという視点も生まれます。

アルコールと痛風の関係

 

ところが落とし穴がありまして、

 

痛風は尿酸が体の中に過剰に溜まることにより引き起こされますが、

 

プリン体ではなくアルコールの作用が尿酸値を上昇させるのです。

 

このことは日本栄養士会にも記載されていますが、

 

ビールだけを気をつけてアルコールを飲んでいたとしても痛風の危険性は増します。

 

酒飲みの人はお酒を飲まない人に比べて痛風の危険度が2倍にあがるようです。

 

それと表を観て気づくこととといえば、

 

地ビールのプリン体はかなり多いものもありますので気をつけたほうがいいかもしれません。

 

酒飲みが痛風になりやすい理由関連ページ

納豆のプリン体、食べると痛風は悪化するのか?
納豆を食べると痛風が悪化するという評判をきいたことはありませんか?納豆にはどの程度プリン体が入っているのか?噂は本当か?
痛風の発作を左右するプリン体食事一覧表
痛風と言えばプリン体。ではプリン体を多く含む食事とはどんあものがあるのでしょうか。痛風を脅かす食事の一覧表です。
痛風が気になるという方の良い献立レシピ一覧
痛風対策として必要とされるのが、食事療法ですがそのレシピが載っているサイトのまとめです。
夏は痛風発作の危険性が上昇要注意
夏は痛風発作の危険性が上昇します。その理由と対策は?
【簡単】プリン体を減らす調理方法と食事方法
プリン体を含んだ食品は、なにかと旨みを多く含んだ食材が多いですが、そのプリン体を減らす調理方法をご紹介します。