痛風の痛みをどうにかする3つの方法

最も信頼出来る、痛風発作時にできる応急処置

 

痛風発作の応急処置はどうするか

 

これにはかなり意見がことなる表記がおおいことがあります。

 

例えば一番多い異なる意見ですが、

 

私は一番信頼のおける公益財団法人痛風財団の応急処置方法を参考にしています。

 

痛風になった患部を冷やす

 

この処置が一番意見の異なる処置方法です。患部を冷やした方が良いという方や冷やさないほうが良いという方もおります。これに対してはまず冷やしてみて様子を見る。そして痛みや腫れを観察し改善に向かった方を選ぶというスタンスが一番かと思います。

 

冷やすにも方法が2種類ありますよね。
湿布を使うのか氷のようなただ冷たいものを使うのかということですが、湿布を使ってみて様子を見るという方が多くの方が提案されている方法です。

 

 

患部の関節に刺激が加わらない様に工夫する。マッサ−ジ厳禁。

 

かなりの痛みを伴う患部にさらに激痛や刺激を加えるという行動は考えにくいですが、
悪化が必至なので、とにかく患部を安静に保てるように工夫しましょう。

 

 

禁酒と断酒

 

お酒が好きな人にとってはかなり辛い状態でもありますが、度々原因の筆頭にあげられるお酒は控えるというよりはむしろ、しばらく一滴も飲まないことにしましょう。回復後永続的に1滴も飲めなくなるという病気ではあえいませんので一時の断酒をオススメします。

 

 

解熱鎮痛剤には要注意

バファリンなどのアセチルサリチル酸(アスピリン)。これを多くの飲む事によって発作がひどくなってしまう場合があるそうです。そのような場合を考慮し使用しないことが無難といえるでしょう。解熱剤として処方された坐薬があればそれを使っても良いでしょう。

 

これはある意味落とし穴かもしれません。知識として覚えておいた方がいいですね。

 

 

可能な限り早く病院へ行く

 

「可能な限り早く病院へ行く」と言われましても、実際に痛風の辛いところの一つとして、病院の体感距離がかなり遠くなるということです。というのも移動手段である足の痛みが突然起こるというところにあります。骨折等と比べたとしても救急車を呼ぶのも気が引けてしまったり、激痛の度合いが半端でなかったりと困りものです。それに加えて発作が起きる時間帯が深夜や朝方という病院の休診時間に多くこれも工夫が必要です。なので可能な限りというのは自分の症状と相談し救急車という選択肢を含め可能な限り早く病院へ行き精神的にも少しでも解放される状況を作りましょう。

 

これに関しましては
痛風でも救急車を呼んでもいいのか?

 

痛風で歩けない場合はどうしたらいいのか。

 

にも記載しましたので参考にしてください。

 

そもそも緊急時の状態を作らない工夫

【緊急時】痛風発作時の応急処置

緊急時の対策の最たるものは、そもそも緊急時の状態を作らない事に優るものはありません。。。

 

痛風の緊急時を毎回凌ぎつつ過ごすほど恐ろしいものはありません。。。

 

とはいえ生活習慣病ですから、いくら『プリン体が多いものは・・』、『濃厚なものは・・・』、『ビールは危険だ・・・』と。。。
と言われつつ、それができなくて緊急時の痛風になるのが人の性です。。。

 

わかっちゃいるけどが積み重なり緊急時がやってくる。
それが痛風だと思います。
言い訳も立たないのでまたそれが精神的にこたえます。

 

そんなわけで生活習慣を自分で明日から劇的に変えるのは難しくても
緊急時をつくらないためにサプリで補うという手段は個人的にオススメです。
(生活習慣を変える事に優る対策はありませんが・・・)

 

決して安くはありませんが、緊急時の頻度や起きた時の損失を考えると安いと思え、
個人的にも実感できているものが白井田七というものです。

 

痛風業界では有名なものですが、試してみるのもいいかもしれません。

【緊急時】痛風発作時の応急処置関連ページ

痛風は一生治らないのか?
一度発作を起こしてしまうと、治らないと言われている痛風ですがそえは実際どうなのでしょうか?
痛風で歩けない場合はどうしたらいいのか。
痛風は言葉に出来ないほどの激痛を伴うので病院まで歩いていけないという場合があります。その様な時痛風の方はどうしているのでしょうか。
痛風の痛みが続く平均時間はどのくらいか
痛風の発作が起きますと早く開放されたいものですが、実際その痛風の発作はどれほど続くものなのでしょうか?
痛風でも救急車を呼んでもいいのか?
痛風になりますと、救急車を呼んでもいいのかということにかなり選択を迷います。しかしどうしょうも無い時は迷わず救急車を呼ぶことをオススメします。
尿酸値は自分で計測することはできるか?
痛風の一番要の指標となりますのは、尿酸値ですがその尿酸値を自宅で計測することはできるのでしょうか?